電動歯ブラシの落とし穴 of デンタルクリニックたかはし

アウトライン-[更新済み].gif医療法人デンタルクリニックたかはし



 最近、どんどん進化して注目されている電動歯ブラシですが、購入しようと考えている方は、何を基準に選んだらいいのか迷われているのではないでしょうか。
 また、既に使用されている方は、購入時どのような基準で選ばれたのでしょうか。そして、自分で選んだ電動歯ブラシは、今でも継続して使用し満足しているでしょうか。
 なぜ、手(手動)で磨けるのに電動歯ブラシを使用しようと思ったのでしょうか。
 一般的には、『手で磨くよりも電動歯ブラシの方が楽で綺麗に磨けるような気がするから・・・』という理由が多いように思われます。実はここに電動歯ブラシの大きな落とし穴が隠されています。手できちんと磨けない方が、楽をしようと電動に変えると、返って磨き残しが増え、歯肉を傷つけて歯肉炎を起こしてしまうことがよくあります。そして、それが電動歯ブラシによって起こっていることに気付かないで使用し続けている方がたくさんいます。
 電動歯ブラシを使用したい方は、まず、かかりつけ歯科医院で自分のお口の状態を理解し、きちんと歯磨きの指導を受け、手で磨けるようになってから自分に合った電動歯ブラシの特徴を聞いて選ぶことをお勧めします。 ほとんどの方は、歯科医院に通院していてもこの過程が抜けたまま電動歯ブラシに変えてしまうことが多く、良い結果が出ていません。
 電動歯ブラシは、各メーカーの特徴を良く理解し、自分のお口の中の状態にあったものを選び、手で正しく磨いた後、仕上げ磨きとして使用する方が、より効果が発揮されるように思います。また、手や腕が不自由でない限りできるだけ手を動かすことで脳への刺激が加わるので、歯磨きの基本は、まず手で行うことが大切だと思います。

電動歯ブラシを使用する前の注意事項

健常者の方の場合
●できるだけかかりつけ歯科医院にて、手(手動)による正しい歯磨きの仕方を学ぶ。
●歯磨きの仕方が理解できたら、自分に合う電動歯ブラシ本体の特徴を教えてもらう。
 また、自分の歯に合った電動歯ブラシのヘッドの大きさ・硬さも教えてもらう。
※電動歯ブラシは、適当に選んで適当に使わないように注意してください。
要介護者の方の場合
●本人が介助すれば腕を動かせる場合、介助者が手を添えて一緒に磨いてあげる。
●本人が何もできず介助が必要な場合、介助者がいつも自分の歯を磨くときよりも軽い力で当てるようにする。決して一生懸命汚れを取ろうと強い力を加えない。
※健常者の方と同様に電動歯ブラシだけに頼らず、手動で磨いてから仕上げ磨きようとして考えて使用してください。

ページの先頭へ