運の良し悪しは何で決まる!? of デンタルクリニックたかはし

アウトライン-[更新済み].gif医療法人デンタルクリニックたかはし



 私たちは、日常生活の中で『あの人は運が良い人だ!』、『あの人は運が悪い人だ!』という会話をすることがあると思います。一般的に、誰にでも運の良い時と悪い時があると思っていましたが、もし、運の良し悪しが決まっているとしたら、どのようにして決まっているのか興味があるのではないでしょうか。
 実は、幸運なことは大抵同じ人に起こり、逆に不運もそのように起こるようなのです。
 イギリスのリチャード・ワイズマン博士は、幸運を引き寄せる人にはある特徴があることを突き止め、その結果を発表されています。
 ワイズマン博士によると、いろんな人たちの生い立ち・学歴・生活習慣を調べていくうちに、『知能』や『勤勉性』は運とはほとんど関係がなく、最も違いがでてくるのは神経性的傾向であるということが解ってきました。緊張や不安の感じやすさで言えば、『不安を感じにくいこと』が運の良い人の最大の特徴であるということなのです。
 運が悪い人は、いつも不安を感じやすく、目の前にチャンスがぶら下がっていても幸運の人に比べて気付きにくいと考えられています。逆に幸運の人たちは、いつもリラックスしていてポジティブなのです。このことは、最近の脳科学の研究からも確かめられています。
 カナダのトロント大学の研究によると、人間は気分によって無意識にものの見え方が変わり、ポジティブな時ほど脳は、視野を広くするために重要な場所である『視覚野』と『海馬傍回(かいばぼうかい)』が活発に働くということが解っています。そして、緊張や不安を感じるとストレスホルモンが放出し、思考・行動の選択肢が極端に狭くなってしまうことも解っています。例えば、緊張すると頭が真っ白になり、思っていることを忘れてしまい、肝心なことをうまく伝えられないことがあります。しかし、リラックスしていれば、このようなことがあまり起こらず、冷静に判断することができるため思っていることを考えながら話すことができ、分かりやすく伝えることができるということです。
 本来私たちにとって緊張状態は、脳の血流が増加し活性化するためにも必要なものです。しかし、運にとっては、リラックスしてポジティブな気持ちでいる方が有利なことが多くあり、偶然のチャンスをつかむような時は、そのような状態なのかもしれません。
 つまり、自分にとって程良い緊張状態を保ちつつ、自分をコントロールできるように落ち着いて前向きに考える力が必要だということです。緊張しないように何も考えず、じっとしているのとは違います。
 何に対してもそうですが、普段から少しでも前向きに考えていくことは、ごくわずかなことであっても、それが日々積もり積もって将来大きな結果に繋がっていくかもしれません。
 現代社会は、ストレスの溜まりやすい社会と言われていますが、日頃の前向きな考え方次第では、徐々に精神的なストレスもコントロールできるようになるかもしれません。
 ストレスが原因の多くの病気も治療されていくのではないでしょうか。

ページの先頭へ